リスティングにかかる費用は?コストを下げるために有効なテクニックを大公開!

リスティング

リスティングにかかる費用は?コストを下げるために有効なテクニックを大公開!

リスティングにかかる費用を知っておきたいという方に向けて、目安としてどの程度の予算を設けるべきなのかを解説していきます。

同時にリスティング費用を抑える方法についても様々な面から紹介し、低予算でも大手に負けないリスティング作りのコツを伝授しますので、ぜひ参考にしてみてください。

リスティングに明確な費用相場は無い

リスティングに明確な費用相場は無い

リスティングを始める際には、導入の際の費用や月々のランニングコストの目安が気になるのは当然と言えるかもしれません。

しかし、リスティングには明確な費用相場は無く、広告にかける費用は宣伝の内容や事業の規模、そして企業や個人の考え方によっても異なります。

なぜリスティングの相場を見つけるのが難しいのか、2つの理由を取り上げながら解説していきます。

30~50万円程度が相場と言われるが…

リスティング広告の費用相場を敢えて挙げるならば、30~50万円程度を用意して準備を進めるケースが多いことから、この程度の金額を相場として考えることもできます。

実際に広告代理店を通してリスティング広告の提示を依頼するという場合にも、この金額が目安として紹介されることも多い様子です。

しかしリスティングにかかる広告費用は需要に応じて大幅に変化し、1クリックだけで数千円もかかるようなキーワードも存在しています。

つまり、広告予算をいくらにすべきかはビジネスの種類や目的によって千差万別であるため、30~50万円という相場が必ずしも適切であるとは限らないのです。

目的達成のための最適な費用を設定することが重要

例えば30万円までという予算に区切ってしまうと、目的を達成することが叶わなかったにも関わらず、中途半端な形で広告費を使ってしまうことになります。

リスティングの費用はケースバイケースなので、事前調査を行い、ある目標を実現させるためにはどの程度の金額が必要なのかを考えた上で設定することが重要です。

クリック単価が高く、クリック数が大きい広告の場合、100万円以上の費用がかかることも決して珍しくありません。

その反面、10万円程度の費用で効果的なリスティングができるという可能性もあるため、リスティング広告によってどの様な成果を得たいと考えていて、そのためにはどのくらいの予算が必要かという考え方をすることが重要なのです。

オウンドメディアの立ち上げ・
運用をご検討なら
ADJUST SEARCHへ

リスティング広告の費用を決定する際に見るべき指標

リスティング広告の費用を決定する際に見るべき指標

それでは、リスティング広告の費用を決める場合、どんな指標を参考にしながら決定すべきなのでしょうか。

3つの指標から迫り、費用の目安を算出しましょう。

目標売上

会社の目標売上を立てた上で逆算し、リスティングにかける費用を決めるという方法は極めてオーソドックスです。

目標の売上を達成するために必要となるコンバージョン数を計算して、そのコンバージョンは広告を経由して何回のクリックが行われると達成できるかを考えます。

仮に1,000万円の売上のために1,000回のコンバージョンが必要で、そのために必要なクリック数が10,000回、クリック単価が100円なら、広告費として100万円が必要です。

目標CPA

一つのコンバージョンあたりにかける広告費のことをCPAと呼び、目標とするCPAを設定することによって広告費用を定めていきます。

目標CPAさえ適切に決めてしまえば、これに目標売上をかけたものがリスティング予算となります。

例えば、1件あたりの売上が5万円の商品を100万円分売りたいと考えていて、目標CPAを1万円に設定した場合、必要なコンバージョン数が20件なので、リスティング予算は20万円となります。

広告費用で赤字になることを避けられるため、リスクを取らずにリスティングを実行したいという場合にもおすすめできる予算の算出方法です。

クリック単価

キーワードごとに異なるクリック単価を把握し、どれくらいのクリック数が見込まれるのかを計算しながら、広告費用の目安を考えるという方法です。

キーワードプランナーを始めとするツールによって事前にクリック数の予測値を調べることができるほか、過去のアクセス数を基にした売上実績を計算することによって、予想の正確性が高まります。

オウンドメディアの立ち上げ・
運用をご検討なら
ADJUST SEARCHへ

費用を抑えるポイント

費用を抑えるポイント

リスティングにかかる費用を抑えて、少ない予算で効果的な広告を掲出する方法を紹介していきます。

専門的な話題やテクニックも含まれますが、一つ一つを整理して考えれば、誰でも有効なリスティング広告が作れるようになります。

キーワード選定を適切に行う

リスティングで使用するキーワードと、誘導するWebサイトの内容に整合性がとれていないと、アクセスした人物をコンバージョンに直結させられません。

闇雲に広告を出したり、キーワードのニーズに惑わされたりするのではなく、商品やサービスとの関連性が高いページ作りと、それに関連するキーワード選定を行いましょう。

キーワードの予算分配を最適化する

クリック単価を含めてコストパフォーマンスが異なるのがリスティングなので、すべてのキーワードに対して同じ予算を設けず、メリハリを付けて予算分配しましょう。

リスティングを継続している間に、コンバージョンが見込まれないにも関わらず、予算が高いキーワードが見つかる場合もあります。

運用中にも少しずつ軌道修正を加え、予算分配の比率を適時変更することによって、より安く有効なリスティングが可能になるのです。

不要なキーワードは除外設定

リスティングではキーワードの除外設定をすることができ、任意のキーワードを登録しておくと、そのキーワードを含んだ検索に広告を表示しなくなります。

例えば有名企業の場合、その企業の名前と一緒に「CM」「株価」といったキーワードを組み合わせて検索エンジンにかける人物が多くなります。

そこで「CM」や「株価」という単語を除外設定することで、こういったキーワードを含んで検索する人物からのクリックを防ぐことが可能です。

CV率の高いスモールキーワードを見つける

検索件数が少ない「スモールキーワード」は、1クリックあたりの料金を安く抑えられるので、使い方次第では高い利用価値を持ちます。

CV率が高いスモールキーワードは、お宝キーワードとも言える存在ですから、日頃から分析を進めてリスティングの攻略に生かしましょう。

品質スコアを上げる

広告を掲載する際の優先順位は、品質スコア次第で変動しますから、この点を意識したコンテンツ制作を行いましょう。

具体的にはWebサイトの利便性、広告とキーワードの関係性、表示された広告のクリック数が優れるほど品質スコアが向上し、低予算でも掲載の優先順位が上がります。

適切なターゲティングをして配信する

ターゲティングの設定を正確に行い、広告を配信する相手を限定することによって、CV率は飛躍的に上昇します。

年齢や性別、興味を持っていること、年収などのデータから配信する相手を絞り込み、会社がターゲットにしている層だけに働きかけましょう。

LPOを行う

ランディングページ最適化(LPO)はリスティング費用を抑える上で非常に重要です。

極端な例ですが、コンバージョン率5%のランディングページをLPOによって10%まで改善できれば、同じ成果を得るための予算は半分で済みます。

LPOを行うには、広告の内容に見合うコンテンツを制作することが重要なので、サイト内部の魅力を高めるための努力が必要です。

リマーケティング・リターゲティングを行う

サイトに訪問したことがある人や、サービスを利用したことがある人に向けてもう一度広告を配信して訴求することを、リマーケティング・リターゲティングと言います。

会社についてある程度知ってくれている人物に向けた広告を出せるため、リピーターを確保するための手段としても使えます。

リスティングにおいては、リマーケティングタグを設置することによってリマーケティングリストを作成でき、リスト内の人物に向けた広告配信が可能になります。

オウンドメディアの立ち上げ・
運用をご検討なら
ADJUST SEARCHへ

まとめ

リスティングにかかる費用はケースによって異なりますから、一概に予算ありきで設計してしまうと、顧客を失ってしまうリスクもあります。

様々な計算やテクニックを用いながらリスティングを攻略し、少ない予算をフルに活用しながら、CV率が高い広告作りを進めていきましょう。

サービスサイトのご案内
実質ゼロ円でオウンドメイディアの構築が可能。成果報酬型のコンテンツマーケティングサービス。

ADJUST SEARCHへ

メールマガジンのご登録/無料
コンテンツマーケティングについての具体的な施策や豆知識など、運用者に必須な情報を無料で配信中。

メールマガジンの登録へ

関連記事

  1. 【リスティング広告】キーワード選定のやり方をわかりやすく解説!

    リスティング

    【リスティング広告】キーワード選定のやり方をわかりやすく解説!

    リスティング広告で成果を上げるためには、適切なキーワードを選定するこ…

  2. リスティングの広告文の基本を徹底解説!記号・文字数・フォーマットの入稿規定も紹介

    リスティング

    リスティングの広告文の基本を徹底解説!記号・文字数・フォーマットの入稿規定も紹介

    リスティング広告の広告文はクリック率やコンバージョン率に大きな影響を…

  3. リスティング広告で使うキーワードの選定法!使えるツールや選ぶべきマッチタイプは? (1)

    リスティング

    リスティング広告で使うキーワードの選定法!使えるツールや選ぶべきマッチタイプは?

    リスティング広告のキーワードを選ぶ方法を考えている方に向けて、使い易…

  4. 品質スコアを上げる方法!改善すべき指標とは?

    リスティング

    品質スコアを上げる方法!改善すべき指標とは?

    Google広告には品質スコアという指標があり、これを上げることによ…

  5. リスティング

    初心者でもOK!リスティング広告のやり方をアカウント解説から入稿までわかりやすく解説

    検索結果や様々なメディアに自社のページへのリンクを掲載できるリスティ…

  6. 【2020】キーワードプランナーの登録方法から使い方までを分かりやすく解説

    リスティング

    【2020】キーワードプランナーの登録方法から使い方までを分かりやすく解説

    キーワードプランナーはリスティング広告利用する際に、候補となるキーワ…

LATEST

  1. E-A-Tとは?SEO対策を行う上での重要性とE-A-T向上施策を紹介
  2. MEOとは?メリットやSEOとの違い、対策を行う方法を紹介
  3. Google砲(Discover)とは?狙って発生させるコツやメリットを徹底解説!
  4. 品質スコアを上げる方法!改善すべき指標とは?
  5. 重複コンテンツがSEOに与える影響と原因別の対策法を解説

RECOMMEND

  1. いまはSEOだけでなくMEO対策もやるべき!メリットや施策内…
  2. リスティング広告で使うキーワードの選定法!使えるツールや選ぶ…
  3. MEO対策完全版!アルゴリズムの仕組みと上位表示させる8つの…
  4. BtoBにはコンテンツマーケティングが必須の時代!導入すべき…
  5. MEO対策の費用相場はいくら?料金の決まり方、会社の選び方も…

成果報酬型コンテンツマーケティングサービス|ADJUST SEARCH

  1. リスティングにかかる費用は?コストを下げるために有効なテクニックを大公開!

    リスティング

    リスティングにかかる費用は?コストを下げるために有効なテクニックを大公開!
  2. リスティングの広告文の基本を徹底解説!記号・文字数・フォーマットの入稿規定も紹介

    リスティング

    リスティングの広告文の基本を徹底解説!記号・文字数・フォーマットの入稿規定も紹介…
  3. MEO対策には順位チェックツールが必須!おすすめの無料・有料ツールをご紹介

    MEO

    MEO対策には順位チェックツールが必須!おすすめの無料・有料ツールをご紹介
  4. コンテンツマーケティング

    コンテンツマーケティングでKPIはどう決める?設定方法を段階別に解説
  5. SEO

    SEO施策で文字数は関係ない?!記事作成で本当に意識すべきポイントを解説
PAGE TOP