【2019最新】SEOのプロも使っているおすすめツールを機能ごとにご紹介!

SEO

【2019最新】SEOのプロも使っているおすすめツールを機能ごとにご紹介!

SEO対策では、時間の有効活用や品質の向上を目指すうえで、さまざまなツールの活用が必須と言える時代に突入しています。

ジャンルごとに有益なツールを紹介し、プロと同等のSEO対策を進めましょう。

SEO対策ツールを活用するメリット

SEO対策ツールを使うと、キーワードの出現頻度やコンテンツチェック、競合チェック、順位変動チェック、被リンクチェックなどを効率的に進められます。

これにより速やかなキーワード選定や必要となるコンテンツの方針作りを進められるため、現代のSEO対策ではツールの活用が必須となっています。

オウンドメディアの立ち上げ・
運用をご検討なら
ADJUST SEARCHへ

機能別!おすすめのSEO対策ツールをご紹介

機能別!おすすめのSEO対策ツールをご紹介

SEO対策ツールとして実用性が高いものを、それぞれの機能別に紹介していきます。

いずれも似ているようで少しずつ特徴が違っており、無料か有料か、あるいは登録が必要かなどの諸条件も異なりますから、より使い勝手がよく、相性のよいSEO対策ツールを利用しましょう。

SEO診断ツール

サイト全体のSEOを診断するためのツールです。

競合している他サイトと客観的に比較して、不足している部分を明確にし、サイトを改善するために活用できます。

SEOチェキ

無料のツールで、登録は不要です。URLやワードを入力することで、検索上位やキーワード出現頻度、発リンク、Whois情報のほか、インデックス数や利用ホストなどのサイトSEOチェックができます。

http://seocheki.net/

itomakihitode.jp

一部の機能を無料・登録不要で使えます。

検索順位のほか、自サイトのキーワード出現状況グラフ、被リンク数、外部・内部発リンク数、キーワード比率や出現数などを無料でチェックできます。

http://itomakihitode.jp/

SEO 高屋

無料のツールで、登録は不要です。

各検索エンジンの順位チェックや被リンクチェックをはじめ、キーワード出現率、発リンクチェック、関連キーワードの検索などをワンクリックで行い、外部対策や内部対策を進められます。

http://seo-takaya.com/

検索順位チェックツール

検索順位チェックツール

自サイトと特定のキーワードを組み合わせた検索結果が、検索エンジンの何番目に表示されるのかをチェックできるツールです。

これを使えば、弱点となっているキーワードをあぶり出せるため、有益なSEO対策を進められます。

RANKING CHECKER

無料のツールで、登録は不要です。

URLに加えてキーワードを5つまで入力でき、GoogleとYahoo!、bingの検索順位が何番目なのかを把握できます。

シンプルながらレスポンスも早く、使い勝手のよさが特徴です。

http://broadentry.com/rankingchecker/

検索順位チェッカー

無料のツールで、登録は不要です。

URLとキーワードを最大5つまで組み合わせて、Google、Yahoo!、bingの検索順位を見つけることができます。

また、スマホ順位を別枠で表示でき、結果をCSVでダウンロードすることも可能です。

http://checker.search-rank-check.com/

BULL

最初の2週間が無料で、その後は1,150円~の月額料金がかかる有料ツールです。

インストール不要ですが、チェックの結果を自動的に取得できるため手間がかかりません。

スマホやタブレットからでも利用可能です。

https://bullseo.jp/

Gyro-n SEO

最初の3ヶ月が無料で、その後は有料に移行する登録必須のツールです。

順位の変動を追いかけられるほか、競合サイトのマークやコンテンツ分析など、独自のサービスをそろえたツールとして高く評価されています。

https://www.gyro-n.com/seo/

SEPROSCOPE

無料のツールですが、ソフトのダウンロードが必要です。

Googleを活用してサイトの監視を自動で行うことにより、SEOの精度を高めることに役立ちます。

英語版でリリースされているため、やや利用難易度が高くなっています。

https://serposcope.serphacker.com/en/

ohouku.jp

無料で使えるツールで、登録は不要です。

Google、Yahoo!、bingの検索順位を上位から300位までチェックすることが可能です。

キーワードは3つまで設定でき、履歴を残せるため、繰り返し利用する場合の利便性が高いツールです。

http://ohotuku.jp/rank_checker/

GRC

無料で使えるツールですが、ダウンロードが必須です。

ボタン一つでキーワードの順位をチェックできるため操作性がよく、プロからも愛用されています。

ユーザーの声をフィードバックしており、改良が進められていることも特徴的です。

https://seopro.jp/grc/

キーワード・サジェスト調査ツール

SEOキーワードを選定することはSEO対策における最大のポイントです。

この部門の調査ツールを活用すれば、検索ボリュームや競合性など、事前調査が必須の項目を簡単に確認できます。

KEYWORD FINDER

最初の7日間は無料で、その後は月額50,000円~の有料ツールです。

高額ですが、効果的と考えられるキーワードの自動取得や、順位を毎日取得して競合と比較する機能などが充実し、スマホや海外サイトにも対応します。

https://keywordfinder.jp/

キーワードプランナー

Googleアカウントの保有者は無料で使えるツールです。

検索ボリューム、関連キーワードなどの重要な情報をキャッチしやすいツールで、検索ネットワークキャンペーンにおけるプラン作成にも役立ちます。

https://ads.google.com/home/

Google Trends

無料で使えるツールで、登録は不要です。

Googleにおけるサジェスト機能で導き出せるキーワードを一覧で取得し、csv形式でダウンロードできます。

とくに最新のキーワード調査に向いています。

https://www.gskw.net/

goodkeyword

無料で使えるツールで、登録は不要です。

任意のキーワードを入力して検索するだけで、現在もっとも多く検索されているキーワードが100件以上表示されます。

勢いがあり、需要が高いキーワードの取得に適しています。

https://goodkeyword.net/

aramakijake.jp

無料で使えるツールで、登録は不要です。

キーワードを検索すると、月間検索アクセスの予想数が表示されます。

また、競合サイトのURLを入力することで、他社サイトの検索数を予測することも可能です。

http://aramakijake.jp/

SE Ranking

無料トライアル終了後には月額4,235円が必要な有料ツールです。

キーワードグループ化、競合SEOやPPCの調査、被リンク監視などの機能が備えられており、正確性の高い順位表示が行われることにも定評があります。

https://seranking.com/jp/

SEO難易度チェックツール

無料で使えるツールで、登録は不要です。

任意のキーワードを入力して検索を行うことで、SEO難易度を数値で表示してくれるツールなので、競合サイトが対策していないキーワードを見つけるために役立ちます。

http://rishirikonbu.jp/difficulty_checker/

キーワード出現頻度チェックツール

SEO対策のコンテンツを完成させた際、選んだキーワードが一定数以上使われていなければ品質が落ちてしまいます。

これから紹介するツールで出現頻度を確認し、アクセスした人物の興味をさらに高めましょう。

ohouku.jp

無料で使えるツールで、登録は不要です。

URLと特定のキーワードを入力してチェックすると、そのページの中で使われているキーワードの数や、文中の割合について確認できるうえ、出現率目標も設定できます。

http://ohotuku.jp/keyword_ratio/

ファンキーレイティング FunkeyRating

無料で使えるツールで、登録は不要です。URLかテキストを入力し、ターゲットのキーワードを追加すると、キーワードの出現率がわかります。

また、特定のキーワードを一定数以下に調整できます。

https://funmaker.jp/seo/funkeyrating/

FC2キーワード出現率チェッカー

無料で使えるツールで、登録は不要です。

サイトのURLを入力するだけで、そのページの中で使われているキーワードが多い順に表示されるほか、割合についても一覧で確認できるため、調整を簡単に行えます。

https://seo.fc2.com/keywordrate/

Webサイト内部チェックツール

内部対策を進めるためのツールです。

活用すると、より効果的なコンテンツに改良するヒントが手に入り、ユーザーに有益な情報を与えられるようになります。

Google Search Console

無料で使えるツールですが、Googleアカウントの取得が必要です。

Googleが直接運営していることもあって人気が高く、合計クリック数などの検索アナリティクスを筆頭に、サイト内部における分析を進められます。

https://search.google.com/search-console/about

seopack.jp

無料で使えるツールで、登録は不要です。

対策URLに加えてキーワードを入力すると、独自のスコアリングシステムでサイト内の評価を行い、100点満点で採点されます。SEOの完成度を測る際に役立ちます。

https://seopack.jp/inside_score/

talabagani.jp

無料で使えるツールで、登録は不要です。

自サイトのURLとキーワードを入力すると、キーワードの出現頻度をはじめ、使用している単語数、ディスクリプションなどの情報が一覧で表示され、内部対策に生かせます。

http://talabagani.jp/

Screaming Frog SEO Spider Tool

無料で使えるツールで、ダウンロードして使用できます。

サイトのURLを入力すると、サイト内に掲載されているすべてのURLやタイトル情報、メタ情報をリスト化でき、内部対策に役立てることができます。

https://www.screamingfrog.co.uk/seo-spider/licence/

コンテンツチェックツール

Googleからの評価を高めるためには、訪れるユーザーが利便性を感じられるコンテンツ作りが必要です。

これから紹介するツールを使うと、ユーザーが必要とする情報を把握でき、サイトのレベルを向上するために役立てられます。

ezorisu-seo.jp

無料で使えるツールで、登録は不要です。

キーワードを入力して調査開始ボタンを押すと、組み合わせて使うと有効なSEOキーワードを自動分析で紹介してくれるため、有益なコンテンツを作りやすくなります。

https://ezorisu-seo.jp/

無料上位SEO解析ツール fukuro

無料で使えるツールで、登録は不要です。

キーワードを入力して解析すると、組み合わせるとアクセス向上を見込めるキーワードをトップ3で紹介してくれるほか、必要な被リンク数の目安も算出されます。

https://seopack.jp/tool.php

SEO TOOLS

無料で使えるツールで、登録は不要です。

公開されているサイトのSEO最適度をチェックし、診断の代行を任せられます。

検索ボリュームの予測やGoogle検索時の順位が一覧で表示されるため、改善点をつかめます。

http://www.seotools.jp/

検索アルゴリズム変動チェックツール

Googleではアルゴリズムのアップデートが行われることが多く、突然アクセス数が伸び悩んでしまうことがあります。

この影響を受けているか否かを確認するために使えるツールを紹介します。

Panguin Tool パンギンツール

無料で使えるツールで、ユーザー登録が必要です。

ログインしてURLを入力するとグラフが表示され、アクセス数の推移が見られるほか、アップデートされた日にちを確認して、アクセス数の変動を把握できます。

https://barracuda.digital/panguin-seo-tool/

namaz.jp

無料で使えるツールで、登録は不要です。

PC、モバイル、キーワードジャンル別と3種類の方法で検索ができ、アルゴリズムアップレートが行われたタイミングがグラフで表示されます。

http://namaz.jp/

競合チェックツール

競合サイトと客観的な比較を行えば、より魅力的なコンテンツを作れます。

ライバルのよい部分を盗むために使えるのは、次のツールです。

SimilarWeb

無料版と有料版が用意され、有料版の月額料金はコンサルタントと相談のうえで決定します。

特定のウェブサイトを分析し、ライバル会社が施しているSEO対策の詳細を暴くことができます。

https://www.similarweb.com/

Ginzametrics

3種類の料金プランが用意されており、月額料金は非公開です。

大量のキーワードをモニタリングして分析できることが特徴的で、レポーティングやコンテンツ分析のほか、SEO診断などを包括的に行えます。

https://www.similarweb.com/corp/ja/pricing/

User Local

有料登録が必要なツールで、月額料金は非公開です。

楽天市場をはじめとした27,000以上のECサイトを自動分析し、競合となる店舗を導いたうえで、取扱商品の価格等を検索できます。

http://ec.userlocal.jp/competitor/

eMark+

有料登録が必要なツールで、月額費用は10万円~です。

ライバルサイトと自サイトの比較が可能であり、アクセス解析を実行できることもメリットです。

https://www.valuesccg.com/service/dmd/emarkplus/

順位変動チェックツール

検索結果の順位変動を把握するツールを利用すると、検索エンジンの評価基準が理解でき、有効なコンテンツへと書き換えやすくなります。

SERPmetrics

無料で使えるツールで、登録は不要です。

月ごとの検索エンジンの変動性がグラフで表示されるため、流行の変化にいち早く気付けます。

https://serpmetrics.com/flux/

namaz.jp

無料で使えるツールで、登録は不要です。

Googleによるアルゴリズム変動を、色分けされたグラフで確認できるので、何らかの変動を素早くチェックが可能です。

http://namaz.jp/

SEMrush Sensor

無料登録ができますが、活用には月額99$以上の支払いが必要です。

ボラティリティ測定を基にし、Googleによるアップデートを表示させます。日本国外の変化にも対応します。

https://ja.semrush.com/sensor/

Algoroo

無料で使えるツールで、登録は不要です。

Googleによるアルゴリズム追跡に特化したツールであり、17,000件を上回るキーワードを監視しながら変動を確認します。

https://algoroo.com/

RankRanger

無料で使えるツールですが、登録が必要です。

10,000件以上ものドメイン、そしてキーワードを毎日チェックしており、SERPの変動値を算出して周知します。

https://www.rankranger.com/rank-risk-index

コピー・重複チェックツール

他サイトとの一致率が高いと、検索エンジンからペナルティを受ける恐れがあります。

コピーチェックツールを使い、一致率を一定以下に引き下げましょう。

CopyContentDetector

無料で使えるツールで、登録が必要です。

文章をコピペしてチェックするだけで、類似するサイトとの一致率や連続文字数、類似度などがパーセンテージで表示されます。

https://ccd.cloud/

影武者

無料から使えるツールで、有料登録を行う場合も月額100円~と低価格です。

外注した記事のコピーチェックのほか、自社コンテンツの無断転載などを見つけられます。

https://kagemusya.biz-samurai.com/

被リンクチェックツール

Google検索においては、リンクを貼られた数が評価の一つとして採用されます。

被リンク数を確認できるツールは、コンテンツの立ち位置を知るために使えます。

hanasakigani.jp

無料で使えるツールで、登録は不要です。

自分のサイトの被リンク数を表示できるほか、競合しているサイトの被リンク数を確認して、比較ができます。

http://hanasakigani.jp/

Makestic:SEO

無料から利用でき、有料登録する場合の月額料金は49.99$~です。

被リンクの数をはじめとしたプロファイル分析に特化し、現状の理解に役立ちます。

https://ja.majestic.com/

akakurage.jp

無料で使えるツールですが、メールアドレスの登録が必要です。

被リンクの内容を知ることができるという点が最大の特徴で、リンクペナルティを避けるために役立つツールになります。

http://akakurage.jp/

ahrefs

7日間7$の使用期間からスタートする登録制のツールです。

被リンクから競合サイトの現状を調査でき、他サイトの長所を分析するための価値を持っています。

https://ahrefs.com/

マイサイト被リンクチェック

無料で使えるツールで、登録は不要です。

URLを入力するだけで自サイトの被リンクがわかるほか、競合サイトの被リンクチェックも行えます。

http://hanasakigani.jp/

リンク切れチェックツール

リンク切れが多発すると、ユーザーから古いサイトとして認識されやすく、満足度が下がります。

リンク切れをチェックするツールを使い、日々アップデートしましょう。

takotubo.jp

無料で使えるツールで、登録は不要です。

任意のURLを入力すると、リンク切れを起こしているか、平常通りにアクセスできるかを簡単に判断でき、履歴を残すこともできます。

http://takotubo.jp/linkbreak_checker.php

リンクチェッカー dead-link-checker.com

無料で使えるツールで、登録は不要です。

指定したURLを入力すると自動的にリンクのチェックが始まり、リンク切れを起こしているサイトを抽出できます。

http://dead-link-checker.com/ja/

オウンドメディアの立ち上げ・
運用をご検討なら
ADJUST SEARCHへ

まとめ

まとめ

SEO対策を行ううえで役立つツールは非常に多く、無料で活用できるツールも多数存在します。

それぞれのツールが独自の特徴を持っていますので、コンテンツに足りない部分を補うツールから順番に活用し、レベルアップを試みましょう。

サービスサイトのご案内
実質ゼロ円でオウンドメイディアの構築が可能。成果報酬型のコンテンツマーケティングサービス。

ADJUST SEARCHへ

メールマガジンのご登録/無料
コンテンツマーケティングについての具体的な施策や豆知識など、運用者に必須な情報を無料で配信中。

メールマガジンの登録へ

関連記事

  1. 【最新版】SEOキーワードの正しい選定方法!便利なツールもあわせてご紹介

    SEO

    【最新版】SEOキーワードの正しい選定方法!便利なツールもあわせてご紹介

    SEO対策を行ううえで、もっとも重視すべき項目と言えるのがSEOキー…

  2. E-A-Tとは?SEO対策を行う上での重要性とE-A-T向上施策を紹介

    SEO

    E-A-Tとは?SEO対策を行う上での重要性とE-A-T向上施策を紹介

    昨今ではGoogleでの上位表示を目指す上で重要な要素として、コンテ…

  3. 重複コンテンツがSEOに与える影響と原因別の対策法を解説

    SEO

    重複コンテンツがSEOに与える影響と原因別の対策法を解説

    サイト内部や他サイトと内容が重複したコンテンツがある状態はSEO的に…

  4. サイテーションとは?SEO効果とサイテーションビルディングの方法を解説

    SEO

    サイテーションとは?SEO効果とサイテーションビルディングの方法を解説

    インターネット上でサイトやブランド、サービスなどについて言及されるこ…

  5. SEOにおいてタイトルは超重要!効果的なタイトルの付け方とは

    SEO

    SEOにおいてタイトルは超重要!効果的なタイトルの付け方とは

    多くのユーザーを呼び込むためには、コンテンツの内容を強化することはも…

  6. Google砲(Discover)とは?狙って発生させるコツやメリットを徹底解説!

    SEO

    Google砲(Discover)とは?狙って発生させるコツやメリットを徹底解説!

    ウェブメディアを運営しているのであればぜひ活用したGoogleアプリ…

LATEST

  1. E-A-Tとは?SEO対策を行う上での重要性とE-A-T向上施策を紹介
  2. MEOとは?メリットやSEOとの違い、対策を行う方法を紹介
  3. Google砲(Discover)とは?狙って発生させるコツやメリットを徹底解説!
  4. 品質スコアを上げる方法!改善すべき指標とは?
  5. 重複コンテンツがSEOに与える影響と原因別の対策法を解説

RECOMMEND

  1. いまはSEOだけでなくMEO対策もやるべき!メリットや施策内…
  2. リスティング広告で使うキーワードの選定法!使えるツールや選ぶ…
  3. MEO対策完全版!アルゴリズムの仕組みと上位表示させる8つの…
  4. BtoBにはコンテンツマーケティングが必須の時代!導入すべき…
  5. MEO対策の費用相場はいくら?料金の決まり方、会社の選び方も…

成果報酬型コンテンツマーケティングサービス|ADJUST SEARCH

  1. E-A-Tとは?SEO対策を行う上での重要性とE-A-T向上施策を紹介

    SEO

    E-A-Tとは?SEO対策を行う上での重要性とE-A-T向上施策を紹介
  2. 【2019最新】SEOのプロも使っているおすすめツールを機能ごとにご紹介!

    SEO

    【2019最新】SEOのプロも使っているおすすめツールを機能ごとにご紹介!
  3. リスティング

    初心者でもOK!リスティング広告のやり方をアカウント解説から入稿までわかりやすく…
  4. リスティング広告の運用を始める前に!準備すべきことと運用コストを下げるコツを紹介

    リスティング

    リスティング広告の運用を始める前に!準備すべきことと運用コストを下げるコツを紹介…
  5. BtoBにはコンテンツマーケティングが必須の時代!導入すべき施策例を解説

    コンテンツマーケティング

    BtoBにはコンテンツマーケティングが必須の時代!導入すべき施策例を解説
PAGE TOP