【最新版】SEOキーワードの正しい選定方法!便利なツールもあわせてご紹介

SEO

【最新版】SEOキーワードの正しい選定方法!便利なツールもあわせてご紹介

SEO対策を行ううえで、もっとも重視すべき項目と言えるのがSEOキーワードの選定です。

なぜキーワード選定が重要なのか、その理由を説明するとともに、具体的な選定方法や利用価値のある無料サービスなどを紹介し、売上につながりやすい上質なSEO対策の方法をお伝えします。

SEOにおけるキーワード選定の重要性

SEOにおけるキーワード選定の重要性

SEO対策は闇雲に行っても意味がありません。

言葉にしっかりとした意味を持たせ、自社の利益につなげるためには、入念なキーワード選定が何よりも重要です。

まずはキーワード選定がどのような重要性を持つのかを整理しましょう。

適切なキーワード選定は自社に利益をもたらす

SEO対策によってアクセス数を稼げたとしても、狙いとはまったく異なった形でのアクセスでは、コンバージョンにつなげることはできません。

たとえば不動産業の場合、新築物件の購入を検討している人物に向けて、中古物件のよさを伝えたり、賃貸物件の契約に関するノウハウを伝えたりしたとしても、売上に直結するとは考えにくいのです。

キーワード選定をきちんと実施すれば、自社が想定しているターゲットが注目する記事を制作できます。

余計なキーワードを省き、本当に必要となるキーワードを重点的に掲載することで、ユーザーのニーズに合致する情報を提供できるため、自社そのものに対して抱かれる興味も強くなり、顧客として取り入れやすくなります。

SEOキーワードを設定することでコンテンツに一貫性が生まれる

軸として据えるSEOキーワードが定まっていれば、コンテンツそのものに一貫性や一体感が生まれてきます。

何について、そして誰に向けて書かれているものなのかをハッキリさせれば、ユーザーがページにとどまる時間を延ばすこともできるでしょう。

余計なキーワードが多ければ多いほど、コンテンツの内容が薄くなってしまいますし、狙いとしている言葉とはまったく無関係な検索結果として自社のホームページにアクセスされてしまうことにもなります。

効率よく顧客をつかむためには、キーワード選定が何よりも重要です。

オウンドメディアの立ち上げ・
運用をご検討なら
ADJUST SEARCHへ

SEOのキーワード選定方法

SEOのキーワード選定方法

キーワードの選定は、段階を大きく分けて3つのステップで行います。

具体的にどのような選定方法でコンテンツを作り上げていくと有益なのか、詳しく説明していきましょう。

①SEOキーワードの候補をリストアップする

まずはSEOキーワードの候補をリストアップすることから始めます。

これから紹介する方法を用いて、質の高いコンテンツ作りを目指しましょう。

1:自分の思いつくキーワードをあげる

第一段階としては、自分の思いつくキーワードをピックアップして、関連する可能性が高いと考えられるキーワードをメモすることがおすすめです。

あくまでも候補なので、キーワードの数は多ければ多いほど良いですが、そう簡単に思いつくものでもないので、最初は数個だけでも構いません。

思いついたキーワードが多すぎるという場合は、検索エンジンを使って実際にキーワードを組み合わせながら検索してみましょう。

いくつかのキーワードから検索結果を比較して、より自社のサービスとの関連性が高いと判断できるキーワードを優先して残すことにより、中身の濃いコンテンツを作り出せます。

2:goodkeywordで関連キーワードを調べる

無料で使えるツールとして「goodkeyword」の活用もおすすめです。

このサイトにアクセスして、関連するキーワードを入力すると、一般ユーザーが検索エンジンを使ってどんな言葉を検索しているのかがわかります。

つまり、市場の需要を知り、多くの検索されている言葉から逆算してキーワード選定を行えるようになるのです。

たとえば「ステーキ」というキーワードを入力すると、「ステーキ 焼き方」「ステーキソース」「ステーキ サラダバー」などが検索の上位に食い込んでいることがわかります。

こういったキーワード組み合わせながらコンテンツを作れば、おのずと自社サイトが検索結果に表示される確率は上がり、注目されやすくなります。

3:キーワードプランナーで関連キーワードを調べる

もう一点おすすめできるのは、Google広告によって運営されている「キーワードプランナー」の活用です。

多数の機能が備えられていますが、とくに注目すべきなのは「新しいキーワードを見つける」という機能です。

ここでは、自社サイトのURLに加え、競合サイトのURLを入力できます。

URLを読み取らせると、重要性の高いキーワードに加え、まだ取り入れていないキーワードの候補が表示されるので、競合サイトにはないまったく新しいコンテンツを製作できる可能性が広がり、独自性を強めることが可能です。

②リストアップしたSEOキーワードを絞り込む

第一段階でSEOキーワードの候補をあげることができたら、今度はそのキーワードをブラッシュアップして、残すべき言葉だけを絞り込みましょう。

そのための方法としては、以下の手順を駆使することをおすすめします。

1:サイトに必要なKWを精査する

まずは、候補として取り上げたキーワードが、本当に自社に関連するものなのであるかどうかを精査します。

需要の高いキーワードを羅列すれば、アクセス数の増加には期待できますが、売上につながる可能性のある内容に仕上がっていなければ意味を持ちません。

2:検索結果に枠があるかチェックする

キーワードがまとまってきたら、実際にその言葉を使って検索エンジンにかけてみましょう。

結果としてどのようなサイトがヒットするのかを視察し、記事からの流入を見込めるキーワードかどうかをチェックすることで、勝算を見極めやすくなります。

3:キーワード難易度チェックツールで競合性を調べる

SEOキーワードを選定する際にとくに重視したいのが競合性です。

需要の高いキーワードは、すでにライバル企業が組み込みながらコンテンツ制作を行っている可能性が高く、大手と競合してしまうと、検索結果の上位に自社サイトを表示させることが難しくなり、効果的なSEO対策ができません。

そこで効果を発揮するのが「キーワード難易度チェックツール」です。

これを使ってキーワードを入力すると、月間検索数の予想や検索結果1位に表示された場合のアクセス数予想を確認でき、SEOの難易度を判別できます。

SEO難易度が低いキーワードなら競合性が低く、訴求力を持ったコンテンツを作りやすくなります。

4:キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる

もう一つ重視しておきたい指標となるのが検索ボリュームです。

仮に競合性が低いキーワードを見つけても、そのキーワードによる検索数が極端に少なければ何ら意味が無くなります。

競合性が低く、なおかつ検索ボリュームが大きなキーワードを見つけることが何よりのコツです。

検索ボリュームを調べる場合には「キーワードプランナー」が価値を持ちます。

キーワードを入力することにより、月間で検索される見込みのボリュームを調べられることに加えて、季節ごとによって変化する検索ボリュームの変動性も見られるため、時期に合ったコンテンツを作れます。

③記事を作成するSEOキーワードの優先順位を決める

SEO対策にかけられる時間や資金は有限なので、有効と考えられるSEOキーワードを見つけた後は、何を優先して記事を作成するのか順位付けすることが大切です。

そのためには、以下の2つのポイントに注目しましょう。

関連性の高いキーワードを優先的に対策する

最初に意識するのは、自社とキーワードとの関連性です。

極端な例ですが、不動産業を営んでいる会社がおいしい食事の記事を書いて、グルメ情報を求めているユーザーからのアクセスを稼いだとしてもまったく意味がありません。

自社で提供しているサービスと関わりが深いキーワードを優先順位の上位に置くことにより、アクセスした人物からの信頼を確保する結果につなげられますし、何よりも得意とする専門的な話題を押し出して、訴求力を持たせることができます。

コンバージョンしやすいキーワードを優先的に対策する

次に着目すべきなのは、コンバージョンのしやすさです。

とくにECサイトの場合、商品を直接的に販売することで売上につなげられるので、SEOキーワードには自社で取り扱っている商品の魅力を訴えたり、競合製品との違いを示唆する言葉を並べたりすることで、コンバージョンにつなげやすくなります。

一般企業のサイトだとしても、資料請求をはじめとした問い合わせや申し込み、あるいは商談を引き出しやすい内容にまとめられる記事を作ることから逆算し、そのためのキーワードを選定することによって、コンバージョンしやすく質の高いコンテンツを作るための対策が可能になるのです。

また、コンバージョンを引き出すためのSEOキーワードは、単純な検索ボリュームだけで選定しないように意識しましょう。

顧客にとって「ここがこうなら購入するのに」という疑問や質問に回答し、満足や納得を引き出せれば直接的な売上につながることも多いので、検索数こそ少なくても、深みのあるコンテンツを豊富に用意することもポイントです。

オウンドメディアの立ち上げ・
運用をご検討なら
ADJUST SEARCHへ

SEOのキーワード選定に関するQ&A

SEOのキーワード選定に関するQ&A

SEOのキーワードを選定する際、寄せられることの多い質問に対してQ&A形式で回答していきます。

気になる疑問は早い段階で解消させて、レベルの高いコンテンツを製作できるように対策しておきましょう。

Q1:文字の種類は区別される?

同じキーワードだとしても、たとえば英単語の場合は「LINE」や「line」など、大文字と小文字など文字の種類が異なります。

仮にコンテンツの中身が「line」という小文字で構成されている場合、「LINE」という大文字のキーワード検索では情報が反映されず、区別されてしまうのでしょうか。

その答えは「YES」です。

「LINE」が検索ワードとして利用された場合、自社サイトに「line」と掲載していても検索結果に表示させることはできますが、「LINE」と掲載されているサイトのほうが優先的に表示されます。

そのため、可能な限り正式名称に近付けてコンテンツ制作を行ったほうが、ヒット率を高められます。

同じように、全角か半角かという違いに関しても区別されることが多くなります。

事前調査を行い、半角で検索している人が多いのか、それとも全角で検索している人が多いのかを見極めて、より可能性が高い文字の種類をSEOのキーワードに選びましょう。

Q2:複合キーワードの並び順で違いはある?

キーワードとして使用する単語が2つ以上あるという場合は、その単語の並べ方によって検索結果が微妙に異なります。

基本的には同等の表示結果になりますが、一例としてGoogle検索を行った場合には、トップ10のサイトのうち2~3サイトは、より検索のニュアンスが近いサイトが上位になって入れ替わります。

たとえば「音楽 ゲーム」の場合、いわゆる「音ゲー」と呼ばれるジャンルのゲームそのものが優先的に表示されることになりますが、「ゲーム 音楽」の並び順で検索をすると、「サントラ」と呼ばれるようなゲームの中で使用される音楽の情報についてのコンテンツが表示されやすくなります。

Q3:同義語や類義語によって違いはある?

日本語はとくにバリエーションが豊かな言語なので、同義語を使って検索をされる機会が多くなります。

たとえば「歯科」と「歯医者」は同じ意味を持つ言葉ですが、「東京都港区 歯科」と、「東京都港区 歯医者」では、Googleなどの検索結果が微妙に異なります。

つまり、より有利な同義語を見つけてキーワード選定を進めることによって、競合性が高い業界のコンテンツを制作する際に有利になるのです。

同様に類義語ではどうなるのかと言うと、上位を除いた健作結果がほぼ異なる場合が多くなります。

たとえば「電車 最終」と「電車 最後」のキーワードで検索を行った場合、前者が終電に関する情報を多く調べられることに対し、後者は廃線になる電車の情報が多く見つかります。

しかし、上位3サイトに関しては、「電車 最後」のキーワードで検索した場合も終電に関するサイトが表示されており、強いSEO対策が施されたホームページの場合には、類義語からでも検索結果に反映できることがわかります。

オウンドメディアの立ち上げ・
運用をご検討なら
ADJUST SEARCHへ

まとめ

SEOキーワードを正しく選定することによって、アクセスした人物の目的と合致するホームページに誘導できるため、コンバージョンにつなげられる確率が上がります。

無料で使えるサイトも多く登場していますので、この記事を参考にしながら上質なコンテンツを作り、売上のアップに直結させてください。

サービスサイトのご案内
実質ゼロ円でオウンドメイディアの構築が可能。成果報酬型のコンテンツマーケティングサービス。

ADJUST SEARCHへ

メールマガジンのご登録/無料
コンテンツマーケティングについての具体的な施策や豆知識など、運用者に必須な情報を無料で配信中。

メールマガジンの登録へ

関連記事

  1. E-A-Tとは?SEO対策を行う上での重要性とE-A-T向上施策を紹介

    SEO

    E-A-Tとは?SEO対策を行う上での重要性とE-A-T向上施策を紹介

    昨今ではGoogleでの上位表示を目指す上で重要な要素として、コンテ…

  2. サイテーションとは?SEO効果とサイテーションビルディングの方法を解説

    SEO

    サイテーションとは?SEO効果とサイテーションビルディングの方法を解説

    インターネット上でサイトやブランド、サービスなどについて言及されるこ…

  3. SEOにおいてタイトルは超重要!効果的なタイトルの付け方とは

    SEO

    SEOにおいてタイトルは超重要!効果的なタイトルの付け方とは

    多くのユーザーを呼び込むためには、コンテンツの内容を強化することはも…

  4. 【2019最新】SEOのプロも使っているおすすめツールを機能ごとにご紹介!

    SEO

    【2019最新】SEOのプロも使っているおすすめツールを機能ごとにご紹介!

    SEO対策では、時間の有効活用や品質の向上を目指すうえで、さまざまな…

  5. ドメインはSEOに影響しない!どの様なサイトか分かりやすいドメインを選択しよう

    SEO

    ドメインはSEOに影響しない!どの様なサイトか分かりやすいドメインを選択しよう

    ウェブサイトを運用するためにはまずはドメインを取得しなければなりませ…

  6. これだけはやりたいSEOの内部対策15項目!評価されやすいサイトの作り方

    SEO

    これだけはやりたいSEOの内部対策15項目!評価されやすいサイトの作り方

    SEO対策には、ホームページや商品ページへの訪問者数を増加させ、最終…

LATEST

  1. ブログ運営者必見!カテゴリ分けのコツを徹底解説!
  2. 【ディスプレイ広告】GDNとYDNの違いと特徴、効果的な活用方法を解説
  3. ページの表示速度はSEOのランキング要因!Page Speed Insightsで測定と改善を行おう
  4. ドメインはSEOに影響しない!どの様なサイトか分かりやすいドメインを選択しよう
  5. LPOとは?ランディングページを最適化し、コンバージョン率を上げる方法を解説

RECOMMEND

  1. いまはSEOだけでなくMEO対策もやるべき!メリットや施策内…
  2. リスティング広告で使うキーワードの選定法!使えるツールや選ぶ…
  3. MEO対策完全版!アルゴリズムの仕組みと上位表示させる8つの…
  4. BtoBにはコンテンツマーケティングが必須の時代!導入すべき…
  5. MEO対策の費用相場はいくら?料金の決まり方、会社の選び方も…

成果報酬型コンテンツマーケティングサービス|ADJUST SEARCH

  1. リスティング

    初心者でもOK!リスティング広告のやり方をアカウント解説から入稿までわかりやすく…
  2. コンテンツマーケティング

    コンテンツマーケティングでKPIはどう決める?設定方法を段階別に解説
  3. MEO対策の費用相場はいくら?料金の決まり方、会社の選び方も解説

    MEO

    MEO対策の費用相場はいくら?料金の決まり方、会社の選び方も解説
  4. 【ディスプレイ広告】GDNとYDNの違いと特徴、効果的な活用方法を解説

    リスティング

    【ディスプレイ広告】GDNとYDNの違いと特徴、効果的な活用方法を解説
  5. WEBライティング初心者必見!読みやすい記事の書き方を解説

    コンテンツマーケティング

    WEBライティング初心者必見!読みやすい記事の書き方を解説
PAGE TOP